News

新着情報

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お知らせ
  4. 11月度安全パトロール②

11月度安全パトロール②

【人間椅子】というバンドが好きです。

ベースの鈴木研一さんは、スキンヘッドに白塗り、装束の上に、シースルーの僧侶用法衣という奇抜な方です。

音楽も独特なため、家族でいるときは聴けず、独りの時に聴いていました。

話は変わって、NHK Eテレで早朝から放送されている「シャキーン!」という番組があります。

子供向け番組ですが、なかなかに尖っており、アバンギャルドな番組だと思っています。

毎朝息子と「シャキーン!」を観るのですが、サウンドファイターズというコーナーで、なんと鈴木研一さんが出演したのです、上記のままの出で立ちで。

そりゃあもう父は興奮しました。

しかし子供からすれば軽い地獄絵図です。

「怖いから早く変えて!」

と怒る息子から、初めてチャンネルを奪いました。

初めて息子に逆らった日でした。

ますます【人間椅子】を独りで聴くようになりました。

 

さて本日も、土木部のパトロール報告になります。

岐阜県恵那農林事務所から受注した工事です。

【公共工事復旧治山事業 宮の上地区工事】

現場代理人は西尾浩明土木部長、協力会社の現場責任者である若原さんも入って、まずは現場事務所でリスクアセスメントKYの状況などチェックさせて頂きました。

施工箇所は市道に面しており、この市道は近年人気が高まっている「付知峡」にも通じており、紅葉シーズンということもあり通行量が多くなっています。

そんなこともあり、安全確保のため写真のように市道脇のガードレールを利用し注意看板がしっかりしてありました。

重機の自主点検等をチェック。

現場代理人、現場責任者から進捗状況など聞きました。

この日は型枠組み立て作業です。型枠の中は型枠を固定するための鋼棒など張り巡らせてあり、移動にも注意です。

このように張り巡らされます。

今は晩秋で水量が少ないですが、谷を流れている水は「廻排水路」と呼ばれるこのパイプで排水します。

排水出口はこのようになっています。

現場では安全対策として地山を切り取った法面からの落石などから作業者を守るためのネットも張られました

また、社長から足場の”さん”のすき間について聞かれ、「幅木」を設置することにしていますと説明されていました。

10月期の報告で紹介した曽我重機土木さん。

今回もお孫さんに登場願いました。

社長から「どうや仕事は」と聞かれ「楽しいです」と答えてくれる土木男子です。

それを見ていた現場責任者の若原さん。

笑いながら「HPに載るぞ」と言っていました。

はい、了解頂いていますので。

それにしても「HP見ていてくれてるんだな」のほうに感動です。

ありがとうございます!

若原さんと談笑する社長

最後に、この後下流に施工する「床固工」について進入路や木の処理など段取りを確認。

社長からは「なんにしても通行量が多いので一般の方たちにも、自分たちも安全な作業でやってほしい」と話されました。

 

 

弊社のインスタグラムはこちら!

LINEの友達登録はこちらからお願いします!

友だち追加

今日のBGM♪芋虫/人間椅子

関連記事